AX-Designコマンドリスト

■コマンド一覧

環境設定ファミリ面積連携マス設計モデル作成図面作成意匠設計AXスタイルコストヘルプ

・環境設定

1 コマンド:初期設定 AReX仕様の共有パラメータをプロジェクトに追加します。
2 コマンド:環境設定 ファミリライブラリの場所と共有パラメータの場所を設定します。
3 コマンド:EXCELBOOK作成 AReXに対応した面積表のExcelフォーマットを自動で作成します。
4 コマンド:概要取込 Excelの概要情報をプロジェクト情報に取り込みます。
パラメータを追加設定することで、ユーザー定義の任意のパラメータでもこのコマンドで一括取込することが可能です。
5 コマンド:Fire stater Coming soon

 


ファミリ             ↑TOP

6 コマンド:AX ファミリロード 選択したファミリをRevitに一括でロードします。
7 コマンド:サムネイル 初期設定で指定したフォルダ内のファミリをサムネイル付きで表示し、プロジェクトにロードします。
8 コマンド:サムネイル作成 環境設定で指定したフォルダ内のファミリのサムネイルをPNGで、書出しします。
9 コマンド:マトリックス 「病院」「企画設計」などのマトリックス(Excel) に記載されたファミリを分類に合わせてプロジェクトにロードします。
10 コマンド:グループ書出 要素をグループ化して保存します。
11 コマンド:グループロード 壁や床などのシステムファミリをグループとして保存しておき、プロジェクトにロードします。

 

面積連携             ↑TOP

12 コマンド:面積書出 Excelにマス床、部屋、エリアの面積を書き出します。
13 コマンド:面積タイプ設定 マス、部屋、エリアに面積タイプを設定します。Excelへ面積書出を行うためにはあらかじめオブジェクトに面積タイプを設定することが必要です。
14 コマンド:ユニット集計表 ユニットタイプのユニット数を階別にカウントしてExcelに書き出します。
15 コマンド:タイプ別面積書出 タイプ別の面積とユニット数をExcelに書き出します。
16 コマンド:タイプ別面積取込 Excelに入力したタイプ別面積表の面積を「表示面積」、規模を「規模」パラメータに取り込みます。
17 コマンド:一括処理 Excelの概要面積表に面積タイプ別面積・ユニットタイプ別面積・ユニット集計を一括で書出します。
18 コマンド:表示面積 実面積を表示面積パラメータに転記します。
19 コマンド:坪換算 実面積または表示面積(㎡)を坪換算し、坪計算パラメータに書き出します。
20 コマンド:帖換算 実面積または表示面積(㎡)を帖換算し、帖計算パラメータに書き出します。
21 コマンド:エリア境界色変更 エリア境界線の色や太さを簡単に変更します。
22 コマンド:エリアからモデル作成 エリアの情報から壁や部屋、建具のモデルを自動作成します。
23 コマンド:エリア連番 連番のエリア番号の設定を簡単に修正します。
24 コマンド:部屋からエリア 部屋の情報からエリア境界線を自動作成します。
25 コマンド:エリア要素転送 エリアプランの要素を別のエリアスキームにコピーします。
26 コマンド:求積図作成 エリア平面図から自動で求積図を作成します。
27 コマンド:求積表作成 求積図から自動で求積表を作成します。
28 コマンド:部屋連番 連番の部屋名や面積タイプの設定を簡単に修正します。

 

 


マス設計             ↑TOP

29 コマンド:マスから自動作成 マスから壁、床、柱、部屋を自動作成し、2次元の建具・柱ファミリを3次元ファミリに置き換えます。
30 コマンド:部屋からマス 部屋の情報からマスモデルを自動作成します。
31 コマンド:エリアからマス Coming soon

32

コマンド:マス属性コピー マスの属性をマス床の属性値にコピーします。
33 コマンド:マスコメント編集 マス床からマスのコメントのパラメータを編集します。

34

コマンド:マスレベルチェック

マス床の重複をチェックします。

モデル作成             ↑TOP

35 コマンド:構造モデル自動作成 構造部材のファミリをダイアログで選択し、構造モデルを自動で作成します。
36 コマンド:レベル間コピー 要素をレベル間で複製します。
37 コマンド:床天作成 Coming soon
38 コマンド:部屋高さ自動調整 部屋の天井高と床の仕上高を調整します。
39 コマンド:フェーズ管理 部屋のフェーズを変更します。

 

図面作成             ↑TOP

40 コマンド:レベル作成 Excelの階高情報からレベルを作成・修正します。
41 コマンド:レベル修正 Excelで選択されている階高情報でレベルの間隔を調整します。
42 コマンド:通り芯作成 通り芯を自動作成・修正します。
43 コマンド:通り芯リネーム 選択した通り芯をリネームします。
44 コマンド:パターン作成 目地や壁のPAT ファイルを作成します。
45 コマンド:シートレイアウト 選択したビューを自動でシートにレイアウトします。
46 コマンド:シートコピー シートを複製します。
47 コマンド:フィルタコピー フィルタの設定を他のビューにコピーします。
48 コマンド:パラメータコピー カテゴリごとにパラメータのコピーを行います。
49 コマンド:パラメータ連番 一般タグのパラメータを連番で変更します。
50 コマンド:シートからEXCEL シートのタグの情報をEXCELに書き出します。
51 コマンド:EXCELからシート EXCEL に書き出したシート情報をタグに更新します。
52 コマンド:EXCELでタグ更新 EXCELフォーマットから一般タグや詳細コンポーネントのパラメータを更新します。
53 コマンド:EXCEL取込 EXCELの選択されている範囲を製図ビューに転写します。

 

意匠設計             ↑TOP

54 コマンド:仕上表作成 部屋の仕上情報から仕上表を作成します。
55 コマンド:仕上表更新 Revitのモデルと仕上表の更新を行います。
56 コマンド:外部仕上表作成 Coming soon
57 コマンド:建具表作成 建具のパラメータから建具表を作成します。
58 コマンド:建具表更新 Revitの建具と建具表の更新を行います。
59 コマンド:凡例建具タグ更新 凡例ビューにある凡例コンポーネントから凡例の一般タグを更新します。
60 コマンド:展開図作成 部屋を選択して展開図ビューを自動で作成します。
61 コマンド:展開タグ連携 部屋の情報から展開図用の仕上表を入力します。
62 コマンド:タグ更新 Coming soon
63 コマンド:エリアタグ連携 Coming soon

 

AXスタイル             ↑TOP

64 コマンド:部屋スタイル Coming soon
65 コマンド:標準仕上更新 凡例ビューの標準仕上スタイルと部屋の情報を更新します。
66 コマンド:建具スタイル Coming soon
67 コマンド:壁スタイル 壁の仕上・下地・構造を作成します。
68 コマンド:床スタイル 床の仕上・下地・構造を作成します。
69 コマンド:天井スタイル 天井の仕上・下地・構造を作成します
70 コマンド:スタイルコピー タイプの情報とマテリアルをコピーします。
71 コマンド:壁分割チェック 壁が部屋のコーナーで切断されていることを確認します。
72 コマンド:パーツ高さ更新 部屋に合わせて壁の高さを自動で調整します。
73 コマンド:AX MAT Coming soon
74 コマンド:AXS FAMILY Coming soon
75 コマンド:AXS CHECK Coming soon

コスト             ↑TOP

76 コマンド:マテリアルビューアー 選択した部屋の内装マテリアルを確認します。
77 コマンド:マテリアル書出 部屋の内装マテリアルをExcelに書き出します。
78 コマンド:ID選択 Excelで選択した部材をRevitで表示します。
79 コマンド:単価表作成 Coming soon
80 コマンド:数量取込 Coming soon
81 コマンド:COST SIM Coming soon

 

ヘルプ             ↑TOP

82 コマンド:ヘルプ オンラインヘルプにアクセスすることができます。
83 コマンド:バージョン情報 AReXバージョン情報を確認できます。
84 コマンド:AReXフォルダ AReXのボタンの設定を初期状態に戻します。
85 コマンド:ボタンリセット AReXのライブラリのフォルダを開きます。