AX-SCコマンドリスト

■コマンド一覧

・環境設定

1 コマンド:初期設定 AReX仕様の共有パラメータをプロジェクトに追加します。
2 コマンド:環境設定 ファミリライブラリの場所と共有パラメータの場所を設定します。
3 コマンド:概要取込

Excelの概要情報をプロジェクト情報に取り込みます。
パラメータを追加設定することで、ユーザー定義の任意のパラメータでもこのコマンドで一括取込することが可能です。


・ファミリ

4 コマンド:AX ファミリロード 選択したファミリをRevitに一括でロードします。
5 コマンド:サムネイル 初期設定で指定したフォルダ内のファミリをサムネイル付きで表示し、プロジェクトにロードします。
6 コマンド:サムネイル作成 環境設定で指定したフォルダ内のファミリのサムネイルをPNGで、書出しします。
7 コマンド:コンポF書出

Revit のプロジェクト内にあるファミリを指定したフォルダに書き出します。

・外部連携

8 コマンド:SS3変換 SS3のCSVデータを構造モデル自動作成の為のExcelフォーマットに変換します。
9 コマンド:SS3配筋情報交換 SS3のCSVデータを断面リストを作成する為のExcelフォーマットに変換します。
10 コマンド:EXCELから自動作成 Excelのフォーマットから構造モデルを自動で作成します
11 コマンド:Format書出 Revitのモデルから構造モデルを自動作成する為のExcelフォーマットを書き出します。
12 コマンド:断面リスト更新

Excelフォーマットから構造の断面リストを更新します。

・構造設計

13 コマンド:構造モデル自動作成 構造部材のファミリをダイアログで選択し、構造モデルを自動で作成します。
14 コマンド:構造結合順位調整 構造部材の結合順位を調整します。
15 コマンド:鉄筋位置調整 梁断面リストの1段目と2段目の鉄筋の位置を調整します。
16 コマンド:構造伏図作成 伏図ビューを自動で作成します。
17 コマンド:軸組図作成

通り芯を選択して、軸組図ビューを自動で作成します。

・図面作成

18 コマンド:レベル作成 Excelの階高情報からレベルを作成・修正します。
19 コマンド:レベル修正 Excelで選択されている階高情報でレベルの間隔を調整します。
20 コマンド:通り芯作成 通り芯を自動作成・修正します。
21 コマンド:通り芯リネーム 選択した通り芯をリネームします。
22 コマンド:パターン作成 目地や壁のPAT ファイルを作成します。
23 コマンド:シートレイアウト 選択したビューを自動でシートにレイアウトします。
24 コマンド:シートコピー シートを複製します。
25 コマンド:フィルタコピー フィルタの設定を他のビューにコピーします。
26 コマンド:パラメータコピー カテゴリごとにパラメータのコピーを行います。
27 コマンド:パラメータ連番 一般タグのパラメータを連番で変更します。
28 コマンド:シートからExcel シートのタグの情報をExcel に書き出します。
29 コマンド:Excelからシート Excel に書き出したシート情報をタグに更新します。
30 コマンド:Excelでタグ更新 Excelフォーマットから一般タグや詳細コンポーネントのパラメータを更新します。
31 コマンド:Excel取込 Excelの選択されている範囲を製図ビューに転写します。

・ヘルプ

32 コマンド:ヘルプ オンラインヘルプにアクセスすることができます。
33 コマンド:バージョン情報 AReXバージョン情報を確認できます。
34 コマンド:AReXフォルダ AReXのボタンの設定を初期状態に戻します。
35 コマンド:ボタンリセット AReXのライブラリのフォルダを開きます。