AX-Design

“スタイル”とExcelの連携により、設計業務の効率を大幅に上げます。

AX-Designの主な機能
ファミリの専用インポート・エクスポート機能。プロジェクトへの一括インポートが可能。
AReXファミリライブラリを提供。
Revitのプランから面積を集計し、Excelへエクスポート可能。
エリア、マス、部屋の面積集計に対応。
マスを使った3D設計に対応。
面積集計だけでなく、ファサードデザインの検討も可能。
マスやエリア(2D)から建築モデル(3D)へ、自動でモデル化が可能。床、壁、天井の専用編集コマンドから、簡単に下地と仕上の編集が可能。
仕上表、建具表、展開図を自動で作成可能。
シートやビューの作成だけでなく、情報を表示するAXタグを活用し、効率的な作図を実現。
AXスタイル(仕様)を定義することで、基本設計から実施設計まで効率的な設計を実現。モデルと図面を連携しながら、情報を管理する。 独自のシステムにより、仕様設計を実現。
社内仕様の反映や整合性の確保を簡単に運用可能。
モデルから実数量を算出し、設計のコストを検討。AXスタイル機能を使って作成するだけで簡単に数量を算出。新しいコストコントロールを実現。

・基本設計
面積計算の効率化により、プラン検討にかかる時間的/人的コストを大幅に削減
1.Revitで設計を容易に始められる
2.桁処理に対応した値を、Excelと連携して集計可能
3.エリアプランから自動で3Dモデルを作成できる
4.面積区分によるコストを算出する
5.一般図の作成を効率化する

・実施設計
建具表、仕上表、展開図作成が簡単にでき、仕様管理にかかる労力もカット
1.AXスタイル機能で、床・壁・天井を簡単編集
2.内部・外部・外構などの建築区分に応じたスタイルリストにより仕様を管理
3.テンプレート化による各社に合わせた設計仕様が作成可能
2.建具表・仕上表・展開図を自動作成
3.空間と仕様によるコストを算出