AX-SC

外部ソフトウェア・Excelとの連携により、設計業務の効率を大幅に上げます。

AX-SCの主な機能
通り芯・レベルに沿った構造モデルを自動で作成。プルダウンから使用するファミリを選択して柱、梁、床、基礎、杭の結合順位を自動で調整したモデルが作成可能。 SS3・ST-Bridgeの構造データをAReXのExcelフォーマットに変換してRevitモデルを自動で作成。 SS3・ST-Bridgeの構造データをAReXのExcelフォーマットに変換して断面リストを自動で作成。 構造伏図・軸組図を自動で作成。符号もプルダウンから選択するだけで自動で配置し、本来手入力で非表示設定をする部材も自動調整した図面が作成可能。
RC、S、SRC、CFTに対応。
ユーザー作成のファミリによるモデル化も可能。
作成範囲にマスを作成し、マスを囲むように足場を自動作成。安全通路や敷鉄板、仮設トイレ、図面からの自動モデル化に対応。 天井ボードと下地の割付、LGS壁の下地とボードの割付、ALCの割付など、モデルのファミリ配置から調整を行う。 2Dの図面データから、モデルを自動作成。図面とモデルの表示、非表示にも対応し、数量管理と仕様管理をコントロール。

SS3の計算データからモデルとリストを自動作成。
構造伏図、軸組図も自動作成できる構造設計の連携ツール。
1.SS3からExcel変換
2.Excelからモデル化
3.Excelからリスト化
4.Excelから図面化
5.コスト算出