AX-SCコマンドリスト

コマンド一覧

環境設定ファミリAXスタイル外部連携モデル化構造図作図支援施工モデル設備・什器コストヘルプ

…解説動画あり

環境設定    ↑TOP

1 初期設定 AReX仕様の共有パラメータをプロジェクトに追加します。
2 環境設定 ファミリライブラリの場所と共有パラメータの場所を設定します。
3 EXCELBOOK作成 AReXに対応した面積表のExcelフォーマットを自動で作成します。
4 概要取込

Excelの概要情報をプロジェクト情報に取り込みます。

ファミリ    ↑TOP

5 AXファミリロード 選択したファミリをRevitに一括でロードします。
6 サムネイル 初期設定で指定したフォルダ内のファミリをサムネイル付きで表示し、プロジェクトにロードします。
7 サムネイル作成 環境設定で指定したフォルダ内のファミリのサムネイルをpng形式で書き出します。
8 マトリックス 「病院」「企画設計」などのマトリックス(Excel) に記載されたファミリを分類に合わせてプロジェクトにロードします。
9 コンポF書出

Revit のプロジェクト内にあるファミリを指定したフォルダに書き出します。

AXスタイル    ↑TOP

10 AXS MAT マテリアルを作成し、作成したマテリアルが割り当てられたスタイルタグを作成します。
マテリアルのみを作成することもできます。また作成したスタイルタグを編集することもできます。
11 AXS FAMILY プロジェクトに配置されたファミリからスタイルタグを作成、編集します。  
12 AXS CHECK プロジェクトで使用されているマテリアル及びファミリのスタイルタグがあるかのチェックを行います。
使用されているマテリアルやファミリのスタイルタグがない場合は新規に作成を行います。

13

スタイルコピー タイプの情報とマテリアルをコピーします。

外部連携    ↑TOP

14 STB配筋情報変換 ST-Bridgeのcsvデータを断面リスト用のExcelフォーマットに変換します。
15 SS3変換 SS3のcsvデータを構造モデル自動作成の為のExcelフォーマットに変換します。
16 SS3配筋情報変換 SS3のcsvデータを断面リストを作成する為のExcelフォーマットに変換します。
17 EXCELから自動作成 Excelのフォーマットから構造モデルを自動で作成します
18 Format書出 Revitのモデルから構造モデルを自動作成する為のExcelフォーマットを書き出します。

モデル化    ↑TOP

19 構造モデル自動作成 構造部材のファミリをダイアログで選択し、構造モデルを自動で作成します。
20 構造結合順位調整 構造部材の結合順位を調整します。
21 フェーズ管理 部屋のフェーズを変更します。

構造図    ↑TOP

22 構造伏図作成 構造伏図ビューを自動で作成します。
23 軸組図作成

通り芯を選択して、軸組図ビューを自動で作成します。

24 STB断面リスト作成

[STB配筋情報変換]コマンドで作成したExcelフォーマットから構造の断面リストを作成します。

25 STB断面リスト更新

[STB断面リスト作成]コマンドで作成した断面リストを更新します。

26 SS3断面リスト更新

Excelフォーマットから構造の断面リストを更新します。

27 SS3鉄筋位置調整 梁断面リストの1段目と2段目の鉄筋の位置を調整します。

作図支援    ↑TOP

28 レベル作成 Excelの階高情報からレベルを作成・修正します。
29 レベル修正 Excelで選択されている階高情報でレベルの間隔を調整します。
30 通り芯作成 通り芯を自動作成・修正します。
31 通り芯リネーム 選択した通り芯をリネームします。
32 パターン作成 目地や断面表現のpatファイルを作成します。
33 シートレイアウト 選択したビューを自動でシートにレイアウトします。
34 シートコピー シートを複製します。
35 フィルタコピー フィルタの設定を他のビューにコピーします。
36 パラメータコピー カテゴリごとにパラメータのコピーを行います。
37 パラメータ連番 一般注釈のパラメータを連番で変更します。
38 シートからExcel シート上のタグの情報をExcel に書き出します。
39 Excelからシート Excel に書き出したシート情報をタグに更新します。
40 Excelでタグ更新 Excelフォーマットから一般タグや詳細コンポーネントのパラメータを更新します。
41 Excel取込 Excelの選択されている範囲を製図ビューに転写します。

施工モデル    ↑TOP

42 壁下地割付 スタイルから壁のモデルを部材単位で作成します。
43 床下地割付

スタイルから床のモデルを部材単位で作成します。

44 天井下地割付 スタイルから天井のモデルを部材単位で作成します。
45 一括下地割付 スタイルから壁、床、天井のモデルを部材単位で一括作成します。
46 タイル割付 スタイルから仕上部分にタイルを割り付けます。
47 パネル割付 スタイルから下地のパネルを割り付けます。
48 内壁作成 外周部の二重壁、構造柱廻りの仕上壁を作成します。

設備・什器    ↑TOP

49 2Dから3D 2D(詳細項目)を3Dファミリに変換します。

コスト    ↑TOP

50 単価表作成 現在プロジェクトで使用されているマテリアルとファミリの数量をスタイルタグに取り込みます。
51 数量取込 スタイルタグの数量と単価表からコストシミュレーションを行います。
52 COST SIM 部屋ごとのコストシミュレーションを行います。

ヘルプ    ↑TOP

53 ヘルプ オンラインヘルプにアクセスすることができます。
54 バージョン情報 AReXバージョン情報を確認できます。
55 AReXフォルダ AReXのフォルダを開きます。
56 ボタンリセット AReXのボタンの設定を初期状態に戻します。