インストーラ

製品をご購入いただいた会員様はインストーラのファイル名が表示されダウンロードが可能です。
ご検討中の方は、体験版をお試しください。

インストール方法、ライセンス認証方法、リボンの表示についてはインストールガイドをご参照ください。

※Revit2019版はメンテナンスサポート対象外となります。
 メンテナンスサポート対象はRevit2018版、Revit2020版となります。
※会員登録直後の場合、製品購入状況との照合の関係により、すぐにダウンロードすることができないことがあります。
Contact」よりお問い合わせいただくか、しばらくお待ちください。反映は3営業日以内に行います。


2020.6.26.1 ver
【インストーラダウンロード】
Revit2018:
Revit2019:
Revit2020:

Upload:2020/6/26

【リリースノート】
・新規実装コマンド
  -[一括下地割付](AX-SC)
     -壁、床、天井の下地割付を一括で行います。

   ※新規コマンドを表示させるためには[ボタンリセット]コマンドを実行してください。
   ※コマンド配列につきましては「コマンド配列の変更方法」をご覧ください。

・仕様追加項目
  -[AXS MAT]
     -ダイアログを修正し、スタイルタグに必要な項目が分かりやすいようになりました。
     -スタイルタグを新規作成した際に、同じスタイルタグの下に作成されるようになりました。
  -[AXS FAMILY]
     -ダイアログを修正し、スタイルタグに必要な項目が分かりやすいようになりました。
     -スタイルタグを新規作成した際に、同じスタイルタグの下に作成されるようになりました。
  -[AXS CHECK]
     -ダイアログを一新し、スタイルタグを作成する際に情報を入力できるようになりました。
     -スタイルタグを新規作成した際に、同じスタイルタグの下に作成されるようになりました。
  -[部屋スタイル]
     -新規ダイアログを追加し、スタイルタグを作成する際に情報を入力できるようになりました。
     -スタイルタグを新規作成した際に、同じスタイルタグの下に作成されるようになりました。
  -[2Dから3D]
     -任意に作成したインスタンス、タイプパラメータの値が変換時に2Dから3Dへ同名のパラメータに上書きされるようになりました。
  -[内壁作成]
     -作成される内壁の下部の拘束を設定できるようになりました。

・修正項目
  -[2Dから3D]
     -複数の2Dを同時に変換した際にエラーとなり実行できない現象を修正しました。
  -その他いくつかのコマンドにて細かな修正を行いました。

・追加コマンド
  -AX-SCに下図ので囲まれたコマンドが追加されました。

2020.5.27.1 ver
【インストーラダウンロード】
Revit2018:
Revit2019:
Revit2020:

Upload:2020/5/27

【リリースノート】
・大事なお知らせ
  -各リボンのコマンド配列の変更を行いました。
   追加されたコマンドを表示するためには[ボタンリセット]コマンドを実行してください。
  -[タイル割付]実装に伴い、AX-Designに実装していた[パネル割付]コマンドを削除しました。

・新規実装コマンド
  -[タイル割付](AX-Design、AX-SC)
     -スタイルから仕上部分にパネルを割り付けます。
  -[内壁作成](AX-Design)
     -外周部の二重壁、構造柱周りの仕上壁を作成します。
  -[STB断面リスト更新](AX-SC)
     -[STB断面リスト作成]コマンドで作成した断面リストを更新します。

・仕様追加項目
  -[数量取込]
     -書き出しレベルにiD400が追加されました。これにより[壁下地割付]コマンドなどで作成した部材単位で数量を拾えるようになりました。
  -[単価表作成]
     -書き出しレベルにiD400が追加されました。これにより「AXS_部材リスト」から単価表を作成することができます。
  -[COST SIM]
     -書き出しレベルにiD400が追加されました。部材単位でコストをシミュレーションすることができるようになりました。
  -[天井下地割付]
     -下地部分に目地を作成できるようになりました。
  -[床下地割付]
     -下地部分に目地を作成できるようになりました。

・修正項目
  -[マトリックス]
     -フォルダパス指定時、自動でブックとシートが選択されるように修正しました。
  -[エリアからモデル作成]
     -「外周部のエリア境界線は以下の壁タイプで作成する」にチェックが入っていない状態でも
      「内壁のみ交点で分割する」が有効になるように修正しました。
      これにより1種類の壁だけでコマンドを実行した場合でも、作成される内壁の交点で壁が分割されるようになります。
  -[壁分割チェック]
     -+字部分にチェックが入らない不具合を修正しました。
  -[床スタイル][天井スタイル]
     -「取込」ボタンの不具合を修正しました。
  -[パネル割付]
     -ダイアログ内の2重貼りにチェックを入れても入力、選択ができない不具合を修正しました。
  -[2Dから3D]
     -2D(詳細項目)から3Dファミリに変換する条件を[エリアからモデル作成]と同様に修正しました。
  -その他いくつかのコマンドにて細かな修正を行いました。

・追加コマンド
  -AX-Designに下図ので囲まれたコマンドが追加されました。

  -AX-Design LTに下図ので囲まれたコマンドが追加されました。

  -AX-SCに下図ので囲まれたコマンドが追加されました。

  -AX-SC LTに下図ので囲まれたコマンドが追加されました。

  -AX-Manageに下図ので囲まれたコマンドが追加されました。

2020.4.22.1 ver
【インストーラダウンロード】
Revit2018:
Revit2019:
Revit2020:

Upload:2020/4/22

【リリースノート】
・大事なお知らせ
  -AX-SCがリリースされました!
     -ST-Bridgeに対応。第一弾として、stbデータから断面リストを作成するコマンドを実装しました。
  -AX-SCリリースに伴い、AX-SCLTに実装していた施工コマンド(壁下地割付、床下地割付、天井下地割付)を削除しました。

・新規実装コマンド
  -[STB配筋情報変換]
     -stbデータを[断面リスト作成]コマンドを実行するためのExcelデータに変換します。
  -[断面リスト作成]
     -[STB配筋情報変換]で作成したExcelデータから断面リストを作成します。
  -[パネル割り付け]
     -下地割付機能同様、パネルの割り付けを行います。
  -[2Dから3D]
     -2D(詳細項目)を3Dファミリに変換します。
  -[不要部屋削除]
     -プロジェクトにある「配置されていない」部屋を削除します。
  -[不要エリア削除]
     -プロジェクトにある「配置されていない」エリアを削除します。

・修正項目
  -[マトリックス]
     -ダイアログ表示時、前回と同じパスが読み込まれた状態で開かれるようになりました。
     -また[…]からのフォルダ選択と、直接パスを入力した後の[セット]ボタンの両方に対応しました。
  -[仕上表作成]
     -ダイアログ上でパラメータのソート時、同じ値で半角と全角が混同している際に起きるエラーを解消しました。
     -ダイアログ上でパラメータのソート時、値が空欄のものはソート後に一番下にまとめるように修正しました。
  -[建具表作成]
     -ダイアログ上でパラメータのソート時、同じ値で半角と全角が混同している際に起きるエラーを解消しました。
     -ダイアログ上でパラメータのソート時、値が空欄のものはソート後に一番下にまとめるように修正しました。
  -一部のコマンドにおいて、ライセンスが正しく割り当たっていなかったコマンドを修正しました。
  -Excelを閉じた状態で行うコマンドが実行できない不具合を修正しました。

2020.3.19.1 ver
【インストーラダウンロード】
Revit2018:
Revit2019:
Revit2020:

Upload:2020/3/19

【リリースノート】
・大事なお知らせ
  -本インストーラから施工コマンドを実装いたしました!!
・新規実装コマンド
  -壁下地割付
     -壁スタイルで作成された壁のスタイル情報から下地材を自動配置します。
  -床下地割付
     -床スタイルで作成された床のスタイル情報から下地材を自動配置します。
  -天井下地割付
     -天井スタイルで作成された天井のスタイル情報から下地材を自動配置します。
・修正項目
  -[マトリックス]
     -マトリックスで使用する[Matrix]フォルダのパスを、個別に設定できるようになりました。
      これにより、今まで[環境設定]コマンドで指定するLibraryフォルダ内に入れておく必要のあった[Matrix]フォルダを
      任意の場所に保存しておくことができます。
  -[エリアからモデル作成]
     -壁作成時に壁を分割して作成する[内壁のみ交点で分割する][すべて交点で分割する]チェックボックスを追加しました。
      チェックをつけて自動モデル作成を行うと、各交点で壁を自動的に分割した状態で壁を作成します。
      ※[内壁のみ交点で分割する]は[外周部のエリア境界線は以下の壁タイプで作成する]にチェックが入っている場合にのみ有効となります。
  -[仕上表作成]
     -ダイアログ内で任意に選択できるパラメータ項目数が3つまで選択できるようになりました。
  -[建具表作成]
     -ダイアログ内で任意に選択できるパラメータ項目数が3つまで選択できるようになりました。
  -「仕上表更新」
     -ダイアログ内の文言を修正しました。(矢印の向き)
  -「建具表更新」
     -ダイアログ内の文言を修正しました。(矢印の向き)

2020.1.31.1 ver
【インストーラダウンロード】
Revit2018:
Revit2019:
Revit2020:

Upload:2020/1/31

【リリースノート】
・修正項目
  -[外部仕上表作成]
     -ダイアログの修正を行いました。
     ※ダイアログ内の文言が修正されておりますが、選択肢となるスタイルタグ等に変更はありません。
     -表作成時に[+]で一つとなるタグを、ダイアログ内のカウンターで一つとしてカウントするように修正を行いました。
     -残りカウントがある状態で[OK]ボタンを押すと、残り部分に自動的に空白のタグが配置されるようになりました。
     -[空白]を挿入した際に、「空白」という文字が入らないように修正しました。
  -[床スタイル]
     -ダイアログの一部を修正しました。
  -その他コマンドにて軽微な修正を行いました。

2019.12.24.1 ver
【インストーラダウンロード】
Revit2018:
Revit2019:
Revit2020:

Upload:2019/12/24

【リリースノート】
・修正項目
  -[シートからEXCEL]コマンド実行時に、一般注釈が複数列並んでいても、列ごとにExcelに書き出すようになりました。

2019.11.25.1 ver
【インストーラダウンロード】
Revit2018:
Revit2019:
Revit2020:

Upload:2019/11/25

【リリースノート】
・大事なお知らせ
  -AReX-StyleのRevit2019版とRevit2020版をリリース致しました!!
      ※Revit2019版はメンテナンスサポート対象外となります。
      ※ライセンスはRevit2018のものをそのままご利用いただけます。

・修正項目
  -[ヘルプ]コマンドをクリックした際に、正常にヘルプページを開くように修正致しました。

2019.10.26.1 ver
【インストーラダウンロード】
Upload:2019/10/31

【リリースノート】
・修正項目
  -インストール時又は[ボタンリセット]コマンドを実行しても、AX-SCとAX-SC LTに[マトリックス]コマンドが追加されない不具合を修正しました。

2019.10.19.1 ver
【インストーラダウンロード】
Upload:2019/10/23

【リリースノート】
・大事なお知らせ
  -スタイルタグを配置する箇所が「凡例ビュー」から「製図ビュー」へ変更になりました。
   これにより「メモブロック」が使用でき、集計表でスタイルタグに格納されている情報の集計ができます。
  -またRevit標準機能の「ファイルからビューを挿入」が使用できるようになり、AX-Style LISTのコピーが容易になりました。
・新規実装コマンド
  -AX-Manageに新規コマンド[スタイルチェックリスト]を実装いたしました!
  -AX-SCとAX-SCLTに[マトリックス]が追加されました!
・仕様追加項目
  -[エリアからモデル作成]
     -対象とするエリアの選択条件にエリアスキームを追加しました。
  -[構造モデル自動作成]
     -構造基礎項目を修正し、「フーチング」と「基礎」の二つをファミリを分けて作成できるようになりました。
     -床とフーチングに「レベルからのオフセット」項目が追加されました。
  -[仕上表作成]
     -表示を切り替える「パラメータ」項目が2つとも自由入力が可能になりました。
  -[壁スタイル][床スタイル][天井スタイル]
     -プルダウンの内容を内部以外の凡例ビューからも選択できるようになりました。
      構造部分は躯体と内部から。下地と仕上部分は外部と内部から選択できます。
     -ダイアログ内に表示されている部屋情報を元に、自動で構成を選択する[取込]ボタンを実装しました。
  -[壁スタイル]
     -壁スタイルタイプタグの「符号」パラメータを設定しておくことで、ダイアログ内壁スタイルから壁を作成した際に
     -作成した壁の「壁符号」パラメータに自動で符号が入力されるようになりました。
  -[壁分割チェック][パーツ高さ更新]
     -壁のインスタンスパラメータ「コメント」にキーワードを入力しておくことにより
      コマンド実行時にコマンドの対象外とする仕様を追加しました。
  -[外部仕上表作成]
     -コマンドの仕様を一新し、さらに使いやすくなりました。
  -[AXS MAT]
     -マテリアルスタイルタグの「編集モード」が実装されました。
     -ダイアログ内で「マテリアル名」を既存のマテリアルから選択して割り当てることができるようになりました。
  -[AXS FAMILY]
     -「手摺」と「階段」カテゴリに対応しました。
  -[数量取込]
     -ファミリにネストされているファミリの数量を算出できるようになりました。
     -手摺の数量をmで算出できるようになりました。
  -[スタイル取込]
     -書き出されたExcelにスタイルタグを追加することで、スタイルタグが新規に作成できるようになりました。
  -[SS3配筋情報変換]
     -書き出されるExcelに「鉄筋差異判定」の項目が追加されました。
・修正項目
  -多数のコマンドにて不具合の修正を行いました。