iD100 iDワークフロー

【iD100】①エリアプランの作成

こんにちは、アレックスです!
前回までのブログでは2回にわたって作図準備を行いました。
今回はRevitの標準機能[エリア]を利用してプランニングをしてみたいと思います。
みなさんは[エリア]の機能を使ったことはありますか?
[エリア]は二次元(単線)でプランニングが行える機能になっています。壁・部屋を作成せずともエリアで面積の確認ができるので、設計の初期段階は便利な機能ですよ。

では、はじめてみましょう!

まずは[エリアスキーム]の確認をします。
[建築]タブ>[部屋とエリア▼]パネル部分をクリックし、[面積と容積の計算]をクリックします。


[面積と容積の計算]ダイアログで[エリアスキーム]のタブに切り替えることで、テンプレートに用意されている[エリアスキーム]を確認することができます。
[エリアスキーム]はいくつも用意しておくことが可能なので、ひとつのプロジェクト内で複数のプラン検討が行えます。
今回は[A案]のスキームでプランニングを行います。

次にビューを用意します。
[建築]タブ>[部屋とエリア]パネル>[エリア]をクリックし、ドロップダウンメニューから[エリアプラン]をクリックします。


[新しいエリア プラン]ダイアログで[タイプ(エリアスキーム)]をA案とし、作成するビューとして、1238FLを選択します。

各ビューに下図のようにエリアプランを作成します。

[プロジェクトブラウザ]から、ビュー>エリアプラン(A案)>作業用>1FLに切り替えます。


ではこのビューに下図とするCADデータを読み込みましょう。(CADデータはダウンロードしてご利用ください)

読み込んだCADデータは、通り芯基準で位置を修正し、ピンで固定しておきましょう。 [建築]タブ>[部屋とエリア]パネル>[エリアの境界]をクリックします。


まずは、下図を参照しながらエリア境界線を描いていきましょう。(※画像では読み込んだCADデータの色を変更しています)

エリア境界の作図が終わったら、次はエリアの配置です。
エリアは、エリア境界で閉じられた領域内に配置することができる要素です。
[建築]タブ>[部屋とエリア]パネル>[エリア]をクリックし、ドロップダウンメニューから[エリア]をクリックします。

エリア配置の際は、[タグ配置]がハイライト表示されていることを確認し、[タイプセレクタ]で「AX_エリアタグ1 M:表示面積あり」を選択してください。

配置したエリアにはCADデータを参照しながら名前を付けていきましょう。

他の階にも同様にエリア境界線・エリアの作成を行っていきます。

エリアを利用したプランニングはいかがでしたでしょうか。
今回は下図としてCADデータを使用しましたが、2DCADではなくRevitでプランニングを始めることも出来ますよね。

次回はプランニングを行ったエリアの面積をExcelに書き出すための設定を行います。お楽しみに!


Data

コメント一覧