iDワークフロー

iDワークフロー iDワークフロー
iDワークフロー

【iD100】⑤図面化(2D部品の配置)

こんにちは!アレックスです。前回は番外編としてで一括変換しきれなかった箇所の調整を行い、マスを完成させました。みなさん、ここまでの流れはいかがでしたか?プランニング~面積検討~ボリューム検討がAReXを活用することで従来と比べると格段に簡単になることを感じていただけたのでは。と思っています。 今回はiD100(企画設計段階)の仕上げとして、図面化のための作業について解説していきます。 では、はじ...
0
iDワークフロー

【番外編】エリアからマス

こんにちは!アレックスです。前回のブログで、Design/Design-LTのコマンドを実行した際、サンプルデータでは上手く変換できなかったエリアがありましたね。 このように自動一括処理の際、エラーが出てしまったときの対処法を今回は番外編として解説していきたいと思います。 では、はじめてみましょう! なぜエラーになってしまったのか、まずはデータを確認してみましょう。エリアプランに切り替えると、...
0
iDワークフロー

【iD100】④マス作成~マスにフィルタ

こんにちは、アレックスです!前回は通常四捨五入されてしまうエリアの面積をコマンドで任意の桁処理を行ってから、Excelフォーマットへを行いました。いかがでしたでしょうか。面積表の体裁を社内標準に整備したExcelに、しかも自動で面積を書き出すことができるようになると、企画・基本設計時の面積検討がグッと楽になりますよね。今回はこれまで2Dのエリア要素でプランニングを進めてきましたが、3Dでもボリュ...
2019.12.02 0
iDワークフロー

【iD100】③表示面積・面積書出

こんにちは、アレックスです!前回は面積書出を行うための前準備として、の設定を行いました。Excelに標準の面積タイプを用意しておくことで社内統一フォーマットでの実行ができますね。今回は面積タイプを割り当てたエリアの面積をExcelに書き出してみたいと思います。 作成したエリアの面積を面積タイプごと、階ごとにExcelに書き出すことができるコマンドが、Design/Design LTのコマンドです...
2019.12.06 0
iDワークフロー

【iD100】②面積タイプ設定・カラースキーム

こんにちは、アレックスです!前回はRevitの標準機能を利用してプランニングを行ってみました。いかがでしたでしょうか?Revitでも単線でプランニングが行えることに驚いた方もいらっしゃったのではないでしょうか。今回は作成したエリアの面積をExcelに書き出すための設定を行っていきます。 Design/DesignLTには、部屋・マス床・エリアの面積をExcelに書き出す機能が実装されています。E...
0
iDワークフロー

【iD100】①エリアプランの作成

こんにちは、アレックスです!前回までのブログでは2回にわたって作図準備を行いました。今回はRevitの標準機能を利用してプランニングをしてみたいと思います。みなさんはの機能を使ったことはありますか?は二次元(単線)でプランニングが行える機能になっています。壁・部屋を作成せずともエリアで面積の確認ができるので、設計の初期段階は便利な機能ですよ。 では、はじめてみましょう! まずはの確認をします。タ...
2019.11.11 0
iDワークフロー

【作図準備】②敷地条件の整理(敷地境界線~道路・概要取込)

こんにちは、アレックスです!前回のブログではプロジェクトを始める際の準備として、レベル・通り芯の作成まで行いました。今回は作図準備の2回目として、敷地境界線、地形面・道路等周辺条件のモデリングを行い、Excelで入力済みの概要情報をプロジェクトに取り込んでみたいと思います。 概要情報と言えば…前回、これから作成しようとしている建物概要についてお伝えしていませんでしたね。すみません...このiDワ...
2019.11.04 0
iDワークフロー

【作図準備】①作図準備(新規作成~初期設定~レベル・通り芯の作成)

こんにちは、アレックスです!随分と間が空いてしまいましたが・・・その間、ユーザーさまより、「何か題材を元にiDワークフローの解説を」とのご要望がありましたので、心機一転?新たに始めていきたいと思います!第三弾まで読んでくださっていた方、申し訳ありません… では、新たな気持でいってみましょう! AReX-Style が提唱するiDワークフローにはいくつかの段階があります。 iD100 ⇒ iD20...
2019.11.04 0
iDワークフロー

【iDワークフロー】第三弾! iD100[エリアで面積検討]②

こんにちは、アレックスです! 前回はRevitの標準機能であるを使ってプランニングを行うフローについて解説しましたが、今回はその続きになります。プランニングを行ったの面積をEXCELに書き出す方法についてご紹介します!   ところでみなさんはRevitで入力を行った部屋やエリア・マスの面積をどのように検討材料として利用していらっしゃいますか?集計表で確認したあとに、手入力でEXCELに転記したり...
2019.10.29 0
iDワークフロー

【iDワークフロー】第二弾! iD100[エリアで面積検討]①

こんにちは、アレックスです! 前回は[AReX-Style]を活用した作図準備の推奨フローについて解説しましたが、みなさんお試しいただけましたか?今回はRevitの標準機能である[エリア]を使ってプランニングを行う流れについてご紹介します! ところでみなさんは[エリア/エリアプラン]を使ったことはありますか?タブ パネルにあるコマンドです。そうです。みなさんが普段よく使用しているコマンドのとなり...
2019.10.24 0