iD100

iD100

【iD100】⑥コストシミュレーション(数量算出)

こんにちは!アレックスです。前回はエリアプランの図面化を行いましたね。【iD100】④マス作成~マスにフィルタの記事で書いたように、マスを作成することで立面図、断面図も表現することができるのでRevitでも企画設計時の単線プランとして平面図・立面図・断面図が描けるというわけです。またエリアプランビューに配置してもらった詳細コンポーネント(詳細項目)ファミリは、このあとのフローで登場するコマンドで...
2020.07.21 0
iD100

【iD100】⑤図面化(2D部品の配置)

こんにちは!アレックスです。前回は番外編としてで一括変換しきれなかった箇所の調整を行い、マスを完成させました。みなさん、ここまでの流れはいかがでしたか?プランニング~面積検討~ボリューム検討がAReXを活用することで従来と比べると格段に簡単になることを感じていただけたのでは。と思っています。 今回はiD100(企画設計段階)の仕上げとして、図面化のための作業について解説していきます。 では、はじ...
2020.07.21 0
iD100

【iD100】④マス作成~マスにフィルタ

こんにちは、アレックスです!前回は通常四捨五入されてしまうエリアの面積をコマンドで任意の桁処理を行ってから、Excelフォーマットへを行いました。いかがでしたでしょうか。面積表の体裁を社内標準に整備したExcelに、しかも自動で面積を書き出すことができるようになると、企画・基本設計時の面積検討がグッと楽になりますよね。今回はこれまで2Dのエリア要素でプランニングを進めてきましたが、3Dでもボリュ...
2020.07.21 0
iD100

【iD100】③表示面積・面積書出

こんにちは、アレックスです!前回は面積書出を行うための前準備として、の設定を行いました。Excelに標準の面積タイプを用意しておくことで社内統一フォーマットでの実行ができますね。今回は面積タイプを割り当てたエリアの面積をExcelに書き出してみたいと思います。 作成したエリアの面積を面積タイプごと、階ごとにExcelに書き出すことができるコマンドが、Design/Design LTのコマンドです...
2020.07.21 0
iD100

【iD100】②面積タイプ設定・カラースキーム

こんにちは、アレックスです!前回はRevitの標準機能を利用してプランニングを行ってみました。いかがでしたでしょうか?Revitでも単線でプランニングが行えることに驚いた方もいらっしゃったのではないでしょうか。今回は作成したエリアの面積をExcelに書き出すための設定を行っていきます。 Design/DesignLTには、部屋・マス床・エリアの面積をExcelに書き出す機能が実装されています。E...
2020.07.21 0
iD100

【iD100】①エリアプランの作成

こんにちは、アレックスです!前回までのブログでは2回にわたって作図準備を行いました。今回はRevitの標準機能を利用してプランニングをしてみたいと思います。みなさんはの機能を使ったことはありますか?は二次元(単線)でプランニングが行える機能になっています。壁・部屋を作成せずともエリアで面積の確認ができるので、設計の初期段階は便利な機能ですよ。 では、はじめてみましょう! まずはの確認をします。タ...
2020.07.21 0