EXCELから自動作成

タブ  : AX-SC
パネル : SS3
Excelのフォーマットから構造モデルを自動で作成します

動画

 準備中


操作解説

01.Excelのフォーマットファイルを開き、シートをアクティブにした状態にします。

02. [AX-SC]タブ > [SS3]パネル > [SS3断面リスト更新]コマンドの下部をクリックし、ドロップダウンメニューから [EXCELから自動作成]コマンドを選択します。

03. 通り芯とレベルのタイプを選択して、通り芯に寸法を作成する場合は[寸法]にチェックを入れて[開始]をクリックします。

注)[生成した構造体をグループ化する]にチェックを入れると、作成した構造モデルがグループ化されます。

04. 警告のダイアログが表示された場合、内容を確認して[結合要素を分離]をクリックします。

05.構造モデルが自動で作成されます。


補足事項

※コマンドを実行すると作成した部材の[識別情報][AX_符号]に部材の符号から先頭の数字(先頭が「R」「M」「B」の場合は英字+数字を取り除いた符号が入力されます。AX_符号をタグで表示することで、SS3データから変換した部材の符号を伏図や軸組図で表示することができます。

※Excelフォーマットについては以下の仕様となっていますのでご注意ください。
レベル
レベル名:B○FL、○FL、RFLで表記されます。名前の変更はしないでください。
階高:レベル間の距離をmm単位で入力します
名前:Revitのレベルの「名前」です。任意の名称に変更できます。

通り芯
X軸、Y軸のグリッド数を入力します。

通り芯スパン長
通り芯間の距離をmm単位で入力します。

部材の寄り
部材の寄りをmm単位で入力します。
何も記入しない場合は通り芯が部材の中心として作成されます。
数値を入力した場合は、入力した数値が通り芯から部材の表面までの距離となります。

・部材の登録(使用する部材の記入)について
記号(部材の符号)とファミリ名、タイプ名を入力してファミリのパラメータ値を入力します。

・部材の配置について
登録した部材の「記号」を入力します。
X軸:101,102,103・・・
Y軸:1,2,3・・・
に配置します。


サンプルデータ


すべて表示 >