Fライブラリ更新

タブ  : AX-Manage
パネル : ファミリ
[Fライブラリ書出]コマンドでExcelに書き出したファミリのパラメータの値を修正し、その内容をRevit に読み込みます。

動画

 準備中


操作解説

※Excelの編集方法につきましては「AReXを使ったファミリ管理」をご参照ください。

01. [Fライブラリ書出]で書き出したExcelのフォーマットを開きます。

02. [AX-Manage]タブ > [ファミリ]パネル > [Fライブラリ書出]コマンドの下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[Fライブラリ更新]コマンドを選択します。

03.ダイアログが表示されるので、書き出したカテゴリ別シート内の先頭から空白まで修正を行うか、選択されている行のみの修正を行うかを選択します。

04.[更新開始]をクリックします。

05.更新が完了すると確認のダイアログが表示されるので[OK]をクリックします。


補足事項

※Excelの「タイプ」欄のセルを「RGB:198.239.206(又は「#C6EFCE」)」で着色することにより
エクスプローラ上のファミリデータのサムネイルに使用するタイプを指定できます。
これによりサムネイルとして表示したい色などがある場合にそのタイプを指定することができます。
   
スタイルから「良い」を選択することでも、上記のRGB値に着色をすることができます。
注)サムネイル指定機能は「2020.12.23.1 ver以降」でのみ動作します。

※本コマンドでは以下の内容を行うことができます。
・ファミリ名(データ名)の変更
・タイプ名の変更
・タイプの追加
・ファミリごとにパラメータの追加、削除
・パラメータの値の変更(マテリアル含む)
・マテリアルの新規作成、割り当て
・マテリアルの
シェーディング色のRGB値の変更

※Excelにパラメータを追加する際は下記の番号をご参照の上、パラメータタイプとパラメータグループの設定を行ってください。



※上記はRevit 2018バージョンでの対応表です。
※Revit 2020ではパラメータグループが異なり
・Revit 2018:「マテリアルと仕上げ」 → Revit 2020:「マテリアル / 仕上」
・Revit 2018:「構成」        → Revit 2020:「構築」
となります。
※入力する番号はRevit 2018、Revit 2020ともに同じ値です。


※[Fライブラリ書出]で書き出したExcelのフォーマットをご使用ください。

すべて表示 >