面積タイプ設定

タブ  : AX-Design
パネル : 面積連携
マス、部屋、エリアに面積タイプを設定します。
Excelに面積書出を行うためにはあらかじめオブジェクトに面積タイプを設定する必要があります。

動画

 準備中


操作解説

01.Excelで面積表のシートを開きます。
注1)グループには対応していません。
コマンドを使用する場合は、グループを解除して実行してください。
注2)集計キーが適応されている部屋には対応していません。

コマンドを使用する場合は、集計キーを定義している集計表を削除してからコマンドを実行してください。

02.面積タイプの設定を行うオブジェクト(マス、部屋、エリア)を選択した状態で[AX-Design]タブ > [面積連携]パネル > [面積書出]コマンドの下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[面積タイプ設定]コマンドを選択します。

03.[面積タイプを選択]ダイアログが表示されるので、該当する面積タイプを選択し[OK]をクリックします。

04. ダイアログが表示されるので、内容を確認して[OK]をクリックします。


補足事項

※Excelの面積表に関しては[Excel面積表 入力解説]を御覧ください。

※Excelの「AReX階(AX_FLOOR)」行に入力する面積タイプは文字が入力された最後の列まで有効です。
面積タイプの有効範囲を変えたい場合、AReX階(AX_FLOOR)の行に「END」または「end」と入力するとENDを入力した列までに有効範囲を制限することができます。



サンプルデータ

コマンド実行時にエリアスキーム[A案]を選択します。


すべて表示 >