初期設定

タブ  : AX-Design ,
AX-SC

パネル : 環境設定
AReX仕様の共有パラメータをプロジェクトに追加します。
プロジェクト情報の他、AReXで使用するパラメータがボタンひとつで追加されます。

動画


操作解説

01. [AX-Design(AX-SC)]タブ > [環境設定]パネル > [初期設定]コマンドを選択します。

02. AReXで使用するパラメータが追加されます。
ダイアログを確認して[OK]をクリックします。

03. [管理]タブ > [設定]パネル > [プロジェクト情報]コマンドを選択し、パラメータが追加されていることを確認します。


補足事項

[環境設定]コマンドで指定した共有パラメータファイルの内容を編集することで取り込まれるパラメータを変更することができます。
また[AReXフォルダ]コマンドにて開かれるAReXフォルダ(AReX-Style20○○)内 > Systemフォルダにある
【SharedParameters_○.csv】を編集することでインスタンスとタイプの切り替え、パラメータグループ、パラメータを
追加するカテゴリを指定できます。
※AReX-Styleインストール時に作成されるテキストデータをオリジナルのものに入れ替えることはできません。
オリジナルのものを適応するためには、テキストデータの上書き保存を行って下さい。
注)※AReX-Styleのアンインストールを行うと、Systemフォルダが自動的に削除されます。
再度インストールを行うとデフォルトのテキストデータをcsvデータが作成されます。
オリジナルの【AReX_Parameters.txt】又は【SharedParameters_○.csv】を使用している場合は
必ず別の場所でバックアップを行うようにして下さい。

※テキストデータを編集する場合は、テキストデータから直接編集を行わないでください。
編集を行う場合は、Revit内[管理] > [共有パラメータ]のダイアログにて新規作成、削除を行って下さい。


すべて表示 >