タイル割付

AX-Design AX-SC AX-Manage ×
パネル:施工モデル パネル:モデル作成 パネル:-
スタイルから仕上部分にタイルを割り付けます。

動画

準備中

操作解説

STEP.1

仕上タイルの割付を行う壁を1つ選択します。

STEP.2

[AX-Design(AX-SC)]タブ > [モデル作成(施工モデル)]パネル > [タイル割付]コマンドを選択します。

CAUTION
  • コマンド実行前に製図ビュー[SCS_部材リスト]で、使用する部材のスタイル登録を行ってください。
  • [AX_壁パネル.rfa]ファミリが必須となります。プロジェクトにあらかじめロードしておいてください。
  • [2021.12.16.1 ver]以降のバージョンで本コマンドを実行する場合、[部材スタイルタグ(AXS_FAMILY部材)]のタイプ名を[部材スタイルタグ枠(AXS_FAMILY部材_枠)]のタイプ名に一致させる必要があります。お手数ですが名前変更の修正をお願いいたします。

 

STEP.3

表示されたダイアログ上部の[仕上][タイル]項目で、スタイル名、他各種設定を行います。

MEMO

「2020.12.23.1 ver以降」で割付を開始する高さのオフセットを設定できるようになりました。

 

STEP.4

タイル間に目地を設定する場合は、下部の[仕上][目地]項目で設定を行います。

 

CAUTION
  • 目地Bを選択した場合は、目地Bの「ピッチ」を入力してください。
  • [グループ化]オプションを有効にすることで作成する部材要素をグループ化することができます。

 

STEP.5

[OK]ボタンをクリックすると仕上タイルが作成されます。

END

サンプルデータ

 

   

すべて表示 >