AX-Manageコマンドリスト

・・・解説動画あり

環境設定

1 環境設定 ファミリライブラリの場所と共有パラメータの場所を設定します。

 

環境構築

2 フォント変換 プロジェクトまたは指定したフォルダ内にあるファミリを指定したフォントに一括変換します。

 

ファミリ

3 コンポF書出 Revit のプロジェクト内にあるファミリを指定したフォルダに書き出します。
4 コンポF削除 Revit のプロジェクト内にある不要なコンポーネントファミリをダイアログから選択して一括で削除します。
5 基点ファミリ作成 DWG/DXF/SAT データを取り込み、ファミリを自動で作成します。
6 マトリックス書出 Revit のプロジェクトにあるファミリをマトリックス(Excel) に書き出します。
7 ファミリアップグレード 指定したフォルダ内にある「.rvt」「.rfa」「.rte」データのRevitバージョンをアップグレードします。
8 Fリスト書出 プロジェクトにロードされているファミリのリストをExcelに書き出します。
9 Fリスト更新 [Fリスト書出]コマンドでExcelに書き出したファミリのパラメータの値を修正し、その内容をRevit に読み込みます。
10 Fライブラリ書出 指定したフォルダ内のファミリの情報をExcel に書き出します。
11 Fライブラリ更新 [Fライブラリ書出]コマンドでExcelに書き出したファミリのパラメータの値を修正し、その内容をRevit に読み込みます。
12 AXファミリロード
選択したファミリを一括ロードします。
13 サムネイル
ライブラリ内のファミリをサムネイル表示し、プロジェクトにロードします。
14 サムネイル作成 ライブラリ内のファミリのサムネイルをpng形式で書き出します。
15 マトリックス 「病院」「企画設計」などのマトリックス(Excel) に記載されたファミリを分類に合わせてプロジェクトにロードします。

 

AXスタイル

16 スタイルFormat スタイルリストを作成するためのExcelフォーマットを自動で作成します。
17 スタイル書出M スタイルリストの内容をExcelに書き出します。
18 スタイル読込

Excelで編集したスタイルの内容をプロジェクトに反映させます。

19 マテリアルtoEXCEL プロジェクト内のマテリアルをExcelに書き出します。
20 EXCELtoマテリアル Excelで変更したシェーディングの色をマテリアルに更新します。
21
スタイル管理プラス スタイルを一括管理、編集します。
22
スタイル一括作成 作成されているモデルからマテリアルスタイルを一括作成します。
23 AXS CHECK プロジェクトで使用されているマテリアル及びファミリのスタイルタグがあるかのチェックを行います。
使用されているマテリアルやファミリのスタイルタグがない場合は新規に作成を行います。
24 AXS MAT マテリアルを作成し、作成したマテリアルが割り当てられたスタイルタグを作成します。
マテリアルのみを作成することもできます。また作成したスタイルタグを編集することもできます。
25 AXS FAMILY プロジェクトに配置されたファミリからスタイルタグを作成、編集します。
26 SCS FAMILY 部材スタイルを作成します。
27 スタイルタイプ設定 専用のダイアログでスタイルタイプの作成・編集を行います。
28 スタイルからタイプ作成 スタイルタイプの情報から壁・床・天井(屋根)のタイプを作成します。

 

コスト

29 COST SIM スタイルタグの数量と単価表からコストシミュレーションを行います。
30 部屋COST 部屋ごとのコストシミュレーションを行います。
31 数量取込 現在プロジェクトで使用されているマテリアルとファミリの数量をスタイルタグに取り込みます。
32 単価表作成 スタイルの情報をExcelに書き出して単価表を作成します。

 

ヘルプ

33 ヘルプ オンラインヘルプにアクセスすることができます。
34 バージョン情報 AReXバージョン情報を確認できます。
35 AReXフォルダ AReXのボタンの設定を初期状態に戻します。
36 ボタンリセット AReXのライブラリのフォルダを開きます。