03.概要書とのExcelデータ連携

※ガイドラインの操作手順をお試しいただく際には、最新のインストーラおよびサンプルデータ、ファミリライブラリをご準備ください。

概要書とExcelデータ連携

概要書を活用した入力シートの作成

AReXではExcelで作成した概要書の情報をRevitに読み込み利用することも可能です。

STEP.1
[AX-概要書-V01.xls]を開きます。

STEP.2
[名前を付けて保存]します。

MEMO
  • 用途に合わせた「概要書」のタブをあらかじめ作成しておき、利用すると作業効率が上がります。

  • [EXCEL BOOK作成]コマンドで作成される面積表の「AReX階」行のキーワードは英語表記ですが、以下のように日本語表記・英語表記両方に対応しています
      AReX階 / AX_FLOOR
      AReX表示名 / AX_VFL
      AReX主要用途 / AX_ZONE
      AReX階高 / AX_LH
      戸数 / AX_UNIT
END

レベル情報の入力

計画するプロジェクトに合わせて階数・階高を入力

STEP.1

計画する建物用途に合わせてエクセルのシートに記載している建物階数を修正します。

今回の計画建物は「B1F~12F・RF」なので不要となる階を記載をクリアし、「RF」を追記します。

 

STEP.2

各階の[階高]を入力します。

  (m)
RFL 3.50
12F 4.20
11F 4.40
10F 3.40
9F 3.40
8F 3.40
7F 3.40
6F 3.40
5F 3.40
4F 3.40
3F 4.00
2F 4.50
1F 4.50
B1F 3.85

STEP.3

各階の[主要用途]を入力します。

   (主要用途)
RFL 設備置場
12F レストラン
11F サロン・フィットネス
10F  客室
9F  客室
8F  客室
7F  客室
6F  客室
5F  客室
4F  客室
3F  会議室
2F レストラン
1F エントランスロビー・受付
B1F 機械室

END

面積タイプの設定

Excelと面積連携を行うために面積区分(面積タイプ)を設定

STEP.1
[AReX階]の記載のある行の容積対象床面積「商業,レストラン」を「商業,飲食」に変更します。

STEP.2

名前を付けて保存します。

TIPS

緑線で囲んだ範囲はユーザーが印刷で必要な見出しとなるので、必要に応じて編集します。
尚、緑線の範囲に入れる文字はAReXの動作には影響はありません。

END

Excelフォーマットの作成

概要書を利用しないRevitへの読み込み

予め用意した概要書を利用するほかに、AReXの機能を使ったExcelシートを作成・使用することもできます。ここでは[EXCEL BOOK作成]機能を使って[Excelフォーマット]を用意・使用する方法を紹介します。

STEP.1

リボン[AX-Design]タブ [環境設定]パネル [初期設定] 下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[EXCEL BOOK作成]コマンドを選択します。

STEP.2
[面積表作成]ダイアログボックスで階数と容積対象床面積・容積対象外床面積・延床対象外の項目数を入力し、ユニット数の集計のチェックボックスにチェックを入れて、[OK]をクリックします。
[面積表作成]ダイアログボックスの入力詳細は次の通りです。

階数
 地上:12  地下:1
容積対象床面積  :項目数 3
容積対象外床面積 :項目数 1
延床対象外    :項目数 2

✅ユニット

STEP.3

Excelをアクティブにして確認します。

[面積表作成]ダイアログボックスで入力したフロア、床面積などの項目が作成されフォーマットが完成しました。

STEP.4

レベル情報の入力

各階の[階高]を入力します。
概要書と同様に、階高は次のように入力します。

  (m)
RFL 3.50
12F 4.20
11F 4.40
10F 3.40
9F 3.40
8F 3.40
7F 3.40
6F 3.40
5F 3.40
4F 3.40
3F 4.00
2F 4.50
1F 4.50
B1F 3.85

STEP.5

[主要用途]の設定

主要用途を入力します。
概要書と同様に、主要用途は次のように入力します。

   (主要用途)
RFL 設備置場
12F レストラン
11F サロン・フィットネス
10F  客室
9F  客室
8F  客室
7F  客室
6F  客室
5F  客室
4F  客室
3F 会議室
2F レストラン
1F エントランスロビー・受付
B1F 機械室

 

TIPS

囲まれた範囲はユーザーが印刷時に表示する見出しとなりますので、必要に応じて編集します。

END

サンプルデータ

 

※サンプルデータはRevit2020バージョンでの提供となります。ご了承ください。

コメントを残す