04.レベルの作成及び修正

レベルの作成

AReXを使った効率的なレベルの作成及び修正

STEP.1

Excelで階高情報を入力したシートとRevit両方を表示した状態で、[プロジェクトブラウザ]の[立面図]から[作業用][南_作業用]を選択し、南側立面図を表示させます。

 

 

STEP.2

リボン[AX-Design]タブ [図面作成]パネル [レベル作成] を選択します。

STEP.3
[Excelワークシート上の階の並び方] 
  ◉上階から下階へ
[基準となるレベルの設定]      
  設計GL~ :1FLの距離 100mm
  基準レベル:設計GL
  使用するレベルタイプ:レベル名(符号上)
[オプション]  
  パラペット天端レベルを作成する:✅
  RFL~パラペット天端の距離 600mm
  ✅寸法を作成する
  寸法タイプ:標準2.0mm
  ✅平面ビューを作成する
  ビュータイプ:02 平面図 作業用
  図面種別: ✅作図用  ✅印刷用

STEP.4

Excelに設定されていないレベルが既にプロジェクトにある場合は、[不要レベルの削除]ダイアログボックスが表示されます。[はい]を選択して、不要なレベルを削除します。

STEP.5

ダイアログが表示されるので、[OK]をクリックします。

MEMO

既に同じ名前のレベルがある場合は、平面図が[()]付きの枝番で作成されます。
ビューが不要な場合は、作成された[()]付きの平面図を削除してください。

STEP.6

「レベルライン」と「設計GLライン」を合わせます。
「設計GL 」の文字をクリックすると▲の頂部にマーカーが表示されますので、この個所をドラッグしたまま、上下レベル表記と位置を合わせるようにスライドさせます。

 

STEP.7

「レベル注記」の移動が変更完了です。

STEP.8

続いて[寸法]を移動します。
寸法線をクリックすると、全フロアの寸法が選択されますので、ドラックして「レベルラインの端点」まで移動します。

STEP.9

「フロア高寸法」「全体寸法」の移動をしたら完了です。

 

STEP.10

他の面、[西_作業用] [東_作業用] [北_作業用]もSTEP~STEP9の同様の手順で作業します。

END

 

レベルの修正

Excelの階高情報を活用した階高の修正

STEP.1
[Excelの階高情報]から1F・3Fの階高を変更します。
階高は次のように変更します。
  • 1F:4.5 →4.65
  • 3F:4.0 →4.10

 

 

 

 

STEP.2

階高を調整した[AReX階高]列のセルを選択します。

 

 

STEP.3

リボン[AX-Design]タブ [図面作成]パネル [レベル作成] 下部をクリックし、ドロップボタンメニューから、[レベル修正]を選択します。 

 

 

MEMO
STEP.4
[レベル修正]ダイアログを確認して、[OK]をクリックします。

 

STEP.5

階高が変更されていることを確認します。

 

END

サンプルデータ

 

 

コメントを残す