02.エリアプランの作成

※ガイドラインの操作手順をお試しいただく際には、最新のインストーラおよびサンプルデータ、ファミリライブラリをご準備ください。

Revitのエリアプラン機能を使って2Dでのプランニングを行います。
エリアプランは2Dでの作図ですので、特に設計の初期段階では素早く柔軟にプランの検討を行うことができます。
AReXを使えばExcelと連携した面積集計も簡単に行うことができます。
また、エリアからマスの自動作成、エリアから建築モデルの自動作成機能などを使えば3Dでの設計にもスムーズに移行することが可能です。

エリアスキームの確認

エリアプラン機能の設定の確認

STEP.1

エリアスキームを確認します。
リボン[建築] タブ[部屋/エリア]パネルのドロップダウンをクリックし、[面積と容積の計算]を選択します。

STEP.2
[面積と容積の計算]ダイアログで[エリアスキーム]タブをクリックします。ここでは新規作成や削除などエリアスキームの管理をすることができます。
エリアではプロジェクトにある床や壁などのモデル要素に関係なく、ここで設定されたエリアスキームごとに自由にエリアプランを作成して作図することができます。
例えば同じレベルであってもエリアスキームは独立して存在しているので、1つのプロジェクトの中に求積図や、他のプランの検討案の平面図を作成することが可能です。

MEMO
[説明]の項目欄には任意の説明を記入できます。

STEP.3

エリアスキームの確認ができたら、[OK]をクリックしてダイアログを閉じます。

END

エリアプランビューの作成

新規ビューの作成

STEP.1

リボン[建築]タブ [部屋/エリア]パネル [エリア]コマンドの下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[エリアプラン]を選択します。

STEP.2
[新しいエリアプラン]ダイアログが開きますのでエリアスキームとエリアプランを作成するレベルを選択し、次のように設定をして、[OK]をクリックします。

タイプ  :A案
選択するレベル :1FL~4FL・9FL~B1FL・RFL

STEP.3

自動的にエリア境界線を作成するか確認するダイアログが表示されるので[いいえ]を選択します。

STEP.4

エリアプランビューが作成されました。

END

ビューテンプレートの割当て

同じ設定で各ビューの体裁をしっかり管理

[印刷用]と[作業用]のビューをそれぞれ作成し、ビューテンプレートを活用してエリアプランの表示や体裁を設定します。

STEP.1
[作業用]ビューテンプレートを割り当てます。

[プロジェクトブラウザ]の[エリア プラン(A案)]で作成した[ビュー]を全て選択します。

STEP.2
[プロパティパレット]で[識別情報]から[ビューテンプレート]の[<なし>]をクリックします。

STEP.3
[ビューテンプレートを割り当て]ダイアログから、[名前][AX_エリアプラン_作業用]を選択して[OK]をクリックします。

STEP.4

作成したすべてのエリアプランに[ビューテンプレート] [名前][AX_エリアプラン_作業用]が割り当てられました。

STEP.5
[4FL] ビューを[4FL_作業用]と名前変更します。

ビューの名前変更をすると、[平面図ビューの名前変更を確認]ダイアログが表示されますが、[いいえ]をクリックし、ビューの名前変更をします。

STEP.6

名前変更が完了しました。

STEP.7
[プロジェクトブラウザ]の[4FL_作業用]の上で右クリックし、[ビューを複製][詳細を含めて複製]を左クリックして、4FL_作業用を複製します。

STEP.8

[4FL_作業用 コピー 1]から[4FL_印刷用]に名前変更します。

STEP.9
[プロパティパレット]で[識別情報]から[ビューテンプレート]の[<なし>]をクリックします。

STEP.10
[ビューテンプレートを割り当て]ダイアログから、[名前][AX_エリアプラン_印刷用_1/200]に変更し、[OK]をクリックします。

STEP.11

その他のエリアプランを同様の手順で作成します。

STEP.12
[作業用][印刷用]それぞれのエリアプラン(A案)が作成できました。

END

平面図ビューのシートレイアウト

エリアプラン(A案)[印刷用]をシートにレイアウト

STEP.1
[プロジェクトブラウザ]の[シート]から[A-001-配置図兼1階平面図]をクリックします。

STEP.2

 [A-001-配置図兼1階平面図]以外の[タブビュー]を閉じます。

STEP.3
[プロジェクトブラウザ]の[シート]から[印刷用][1FL_印刷用]を選択し、図枠内にドラッグ&ドロップで配置します。

STEP.4
[プロパティパレット]の[タイプセレクタ]で[ビューポート][AX ビュー名 囲みあり]を選択します。

STEP.5
[プロパティパレット][識別情報][シートのタイトル]をクリックして、「1階平面図」と入力します。

MEMO

シートのタイトルの変更は[ビューポート][AX ビュー名 囲みあり]の文字を直接ダブルクリックして変更することも可能です。

STEP.6
[シートのタイトル]をドラッグして図面の中央に移動します。

STEP.7

シート上の[1FL_印刷用]のビューポートを選択します。[ビューをアクティブ化]を選択します。

STEP.8

選択した通り芯に対して寸法を作成します。

リボン[AX-Design]タブ[図面作成]パネル[レベル作成]の下部をクリックし、[通り芯 寸法]コマンドをクリックします。

STEP.9

交差窓選択等で、寸法を作成する通り芯を選択します。「X通り」「Y通り」それぞれ分けて作業します。  

STEP.10
[通り芯寸法]ダイアログが表示されます、[寸法を作成するビュー][寸法タイプ][寸法位置]を次のように設定します。
  寸法を作成するビュー:すべて
  寸法タイプ:標準2.0mm
  寸法位置:始点

 

MEMO

寸法作成は一方向のみとなります。X方向、Y方向それぞれでコマンドを実行してください。

STEP.11

同様にY軸も寸法を入力します。設定は次の通りです。
  寸法を作成するビュー:すべて
  寸法タイプ:標準2.0mm
  寸法位置:終点

 

STEP.12

寸法位置を調整します。

STEP.13

寸法を調整できたので、右クリックで[ビューをアクティブ解除]します。

STEP.14

その他の[印刷用]ビュー(2FL_印刷用・3FL_印刷用・4FL_印刷用・9FL_印刷用)も同様にシートに配置します。

STEP.15

寸法・通り芯の表示長さと位置を調整します。
[シート名][2階平面図]のビューポートを選択します。[ビューをアクティブ化]を選択します。
画面左下の[ビューコントロールバー]から[トリミング領域を表示/非表示]アイコンをクリックします。
アイコンの電球部分が点灯して画面上にトリミング領域が表示されますので、範囲を整えます。

STEP.16

続いて[通り芯]の長さ、[寸法]の位置を調整します。

STEP.17

調整が終わったら、 [トリミング領域を非表示]にして、 [ビューをアクティブ解除]します。

STEP.18

ガイドグリッドを利用して図面をきれいに配置します。
リボン[表示]タブ [シート構成]パネル [グリッド]コマンドをクリックします。

STEP.19
[ガイドグリッドを割り当て]ダイアログボックスが表示されますので、予め用意されている[既存を選択][平面図]を選択し、[OK]をクリックします。

 

STEP.20

ガイドの間隔を変更します。ガイドの範囲枠をクリックします。[プロパティパレット][寸法][ガイド間隔]を「50」に変更します。

 

STEP.21

図枠に配置されている[ガイド]の位置を微調整したい場合は、[移動]コマンドで[ガイド]の位置を変更します。
今回は、図を参考に左下のグリッド位置と図枠の左下のポイントを合わせるように[ガイド]を移動します。

STEP.22
[移動]コマンドを利用して、[X1・Y1]間の通り芯の交点をグリッドの交点に合わせるようにビューを移動します。

STEP.23

「3階_印刷用」「4階_印刷用」「9階_印刷用」を「2階_印刷用」と同様の手順を行い図面をレイアウトします。
※ 「4階_印刷用」は、「4~8階平面図」とシートのタイトルに入力しておきます。

STEP.24
[プロパティパレット][その他][ガイドグリッド]を[<なし>]にして、レイアウト完了です。

STEP.25
[A-003-10~12階・地下1階平面図]のシートも[A-002-2~9階平面図]と同様の手順でレイアウト調整を行います。

END

エリアを利用したプランの作成

単線のプラン作成、室名・面積タグの配置

エリア境界の作成

[エリア境界]コマンドで単線プランを作成
STEP.1
[タブビュー]から[エリアプラン(A案)] [4FL_作業用]ビューを開きます。

STEP.2

リボン[建築]タブ [部屋/エリア]パネル[エリア境界]コマンドをクリックします。
エリア境界線を使って単線プランを作成していきます。

内壁のラインは、まずは大まかな間隔で入力し、その後仮寸法を操作して細かい数値を調整していくと効率的に作図できます。
部は廊下とEVホールでエリアを分ける為、エリア境界線は作図しますが、境界線の表示は非表示にします。
[要素を分割]コマンドを利用してエリア境界線を分割し、右クリック[ビューで非表示][要素]を選択して非表示とします。

MEMO
[エリア境界]の線が太くて作業しづらい場合は、[クイックアクセスツールバー][細線]をクリックします。

STEP.3

エリア境界線の作成が完了しました。
作図の作業は主に[4FL_作業用]で行いますが、[4FL_印刷用]ビューも見て正しいプランと表現になっているかを確認しましょう。

END

エリア・エリアタグの配置

[エリア境界]内にエリアとエリアタグを配置
STEP.1
[タブビュー]から[4FL_作業用]に切り替えます。
リボン[建築]タブ [部屋/エリア]パネル[エリアプラン]コマンドの下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[エリア]コマンドをクリックします。

STEP.2
[プロパティパレット]のタイプセレクタから[AX_エリア6_一般部_名前+ユニット名 M][実面積]を選択し、エリア内に面積タグをすべて配置します。

STEP.3

内壁を作成するための利用した寸法は、[フィルタ]コマンドを利用して、右クリック[ビューで非表示][要素]で非表示にします。

END

エリア名の入力

エリアタグ(部屋名)の入力と位置の調整
STEP.1
[エリアタグ]の[面積]をクリックし、さらに値の欄をクリックしてエリアの名前を入力します。
ダブルクリックをしてしまうと、ファミリ編集画面になってしまうので、ゆっくりと2度クリックします。
エリア名は下記を参考に入力します。

MEMO

①クリックでエリア名を変更しにくい場合は、[オプション][ユーザインタフェース]から[ダウブルクリックの設定をカスタマイズ][ダブルクリックの動作を設定]ダイアログから、[ダブルクリックアクション]を[何もしない]に設定を変するとエリア名を変更しやすくなります。

TIPS

室名を2段にしたい場合は、改行した文字の後ろに[半角スペース]を入れます。

 

STEP.2

画像を参考に部屋名を入力します。

 

STEP.3

「客室」以外は、面積を非表示にしたタグに切り替えます。
[客室]以外の[エリアタグ]を選択し、[プロパティパレット]の[タイプセレクタ]で、[AX_エリアタグ6_一般部_名前+ユニット名][面積表示なし]に変更します。

STEP.4

AReXの[エリア重心移動]コマンドを利用して室名が各部屋の中央付近となるように調整します。
リボン[AX-Design]タブ[図面作成]パネル[寸法 配置]下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[エリア 重心移動]を選択します。

STEP.5

コマンドを実行すると「エリアタグも重心に移動させますか?」というダイアログボックスが表示されいますので[はい]を選択します。

STEP.6
[エリア][エリアタグ]の重心が一括移動完了です。

STEP.7
[エリア]タグが[エリア境界]と重なってしまう箇所は[エリアタグ]を移動して微修正を行います。

MEMO
[エリアタグ]の微修正は、矢印キー[←↑↓→]で移動が可能です。

STEP.8
[4FL_印刷用]に[エリアタグ]をコピーします。[フィルタコマンド]等を利用して[エリアタグ]を選択します。

  

STEP.9

リボン[修正| エリアタグ]タブ[クリップボード]タブ[クリップボードにコピー]を利用して[エリアタグ]のみを選択し、[クリップボードにコピー]をします。

STEP.10
[タブビュー]から[エリアプラン(A案)] [4FL_印刷用]ビューを開きます。

STEP.11

ボン[修正| エリアタグ]タブ[クリップボード]パネル[貼り付け]下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[現在のビューに位置合わせ]でコピーします。

STEP.12
[4FL_作業用]、[4FL_印刷用]それぞれエリア・エリアタグが配置されました。

STEP.13

同様の手順で他のフロアについてもエリアプランを作成・調整します。

END

サンプルデータ

   
 

※サンプルデータはRevit2020バージョンでの提供となります。ご了承ください。

コメントを残す