01.プロジェクトの設定

※ガイドラインの操作手順をお試しいただく際には、最新のインストーラおよびサンプルデータ、ファミリライブラリをご準備ください。

ファミリロード

マトリックスを利用してファミリを一括ロード

AReXでは設計用途もしくは、設計段階に合わせて必要なファミリをまとめてダウンロードして使用することができます。
[マトリックス]コマンドはExcel に記載されたファミリを分類に合わせてプロジェクトにロードします。iD200では、主に3D要素のファミリをロードします。

STEP.1

リボン[Ax-Design]タブ[ファミリ]パネル[マトリックス] コマンドを選択します。

STEP.2
[マトリックス] ダイアログから[…..]をクリックして、該当する[マトリックス]データが保存されているフォルダを指定します。

CAUTION
  • マトリックスのExcelデータは[Matrix]フォルダに入れておくことをお勧めします。
  • 指定したフォルダ内にマトリックス形式のExcelデータが入っている必要があります
STEP.3
[ブック]のプルダウンから使用する「AX-Template2020_マトリックス.xlsx」のExcelデータを選択します。

STEP.4
[シート]のプルダウンから使用するマトリックスのExcelのシートを選択します。今回は[iD200]を選択します。

CAUTION
[Matrix]フォルダの読み込みが完了しても[ブック]と[シート]は自動的に選択されません。フォルダの読み込み後、ダイアログの内容が更新されませんが[ブック]と[シート]の内容が更新されており、選択することによって内容が表示されます。

STEP.5

ロード不要なファミリがある場合は個別に[Ctrl]+左クリックで、選択解除します。

STEP.6
[OK]をクリックすると、選択したファミリがロードします。

STEP.7
[プロジェクトブラウザ]からiD200のファミリがダウンロードされているのを確認します。

END

 

ファミリマッチング

[エリアからモデル作成]コマンドで 詳細項目(2D)からドア等(3D)に変換する際の事前に必要な情報を入力

STEP.1

リボン[AX-Design]タブ[ファミリ]パネル[AXファミリロード]コマンド下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[ファミリ マッチング]コマンドを選択します。

STEP.2

エリアプランビューに配置されている「客室D1ドア(詳細項目(2Dファミリ))」を選択します。

STEP.3
[ファミリマッチング]ダイアログが表示されますので、次のように設定します。

  • カテゴリ:ドア
  • ファミリ:AXt_片開き扉フラッシュ
  • タイプ:800x2100_LH

設定を確認したら、[OK]をクリックします。

STEP.4

連続して変換設定を行うことが、可能です。
コマンドを終了する場合は、[ESC]キーを押してください。

MEMO
[エリアからモデル作成]で2Dから3Dファミリへ変換されるカテゴリは以下の通りです。

  • 意匠柱
  • 構造柱
  • ドア
  • カーテンウォール(壁)
STEP.5
[ファミリマッチング]を実行した建具を選択して、[プロパティパレット]の[タイプ編集]をクリックして変換内容が入力されたかを確認をします。

STEP.6

マッチングが完了した2D建具ができましたので、他の「客室ドア」を選択して、タイプセレクタで先ほど作成したタイプに変更していきます。
変更する2D建具を選択して[タイプセレクタ]で[AXt2_片開き扉フラッシュ][タイプ:800x2100_LH]に変更します。

STEP.7

同様の手順で「PS」「外部建具」を次のようにファミリマッチングを行い、[タイプセレクタ]で同様の建具はタイプを切り替えます。

  • PS扉   カテゴリ:ドア  ファミリ:AXt2_両開き扉_フラッシュ  タイプ:1000x2100_LH
  • タイプセレクタで切り替えるファミリタイプ名:AXt2_両開き扉_フラッシュ 1000x2100_LH

 

  • 外部建具  カテゴリ:窓  ファミリ:AXt_たてすべり出し窓      タイプ:  800×1300
  • タイプセレクタで切り替えるファミリタイプ名:AXt2_開口 800×1300

 

END

シートの作成(A3)

一般図図レイアウトの為のシート作成

STEP.1

シートレイアウト用に印刷用のビューを作成します。
[プロジェクトブラウザ]の[平面図]から[作業用][1FL]を右クリックで[ビューを複製]から[詳細を含めて複製]を選択してコピーを作成します。

STEP.2

作成したシートを[1FL_印刷用]と名前変更します。

STEP.3

名前変更したシートにビューテンプレートを割り当てます。
[プロパティパレット]から[ビューテンプレート]をクリックし、[ビューテンプレートを割り当て]ダイアログから、[AX 配置図 印刷用_1/200]を選択し[OK]をクリックし、印刷用のビューを作成します。

STEP.4

「B1FL」、「2FL~4FL」「9FL~12FL」を同様の手順で「印刷用」ビューを作成します。

[ビューテンプレート]は、[AX 一般図(部屋) 印刷用_1/200]をそれぞれ割当てます。

STEP.5

立面も同様に作業用のビューを右クリックして、[ビューをビューを複製]から[詳細を含めて複製]を選択してコピーを作成します。名前は次のように変更します。

  • 西_印刷用: 西_印刷用
  • 東_印刷用: 東_印刷用
  • 南_印刷用: 南_印刷用
  • 北_印刷用: 北_印刷用

ビューテンプレートは、「AX 立面図 印刷用_1/200」を割り当てます。

STEP.6

印刷用の立面ビューの体裁を整えます。
「トリミング領域を表示」に切り替えて、「ピット」や、「B1FL」をトリミング領域の範囲外となるようにトリミング範囲を調整します。

調整が完了したら、「トリミング領域を非表示」をクリックして、他のビューのレイアウト調整をします。

STEP.7

断面図[A断面図_印刷用][B断面図_印刷用]ビューのビューテンプレート「AX 断面図(マス) 印刷用_1/300」を「AX 断面図 印刷用_1/300」に変更します。

STEP.8

断面図[A断面図_印刷用][B断面図_印刷用]ビューそれぞれの体裁を整えます。[iD100]で表現した「塗りつぶし」を削除します。

[B断面図_印刷用]は[塗り潰し領域][黄色]も削除します。

STEP.9
[iD100]で配置したエリアプランのビューを、今回作成したビューに差し替えます。
[プロジェクトブラウザ]から[シート(すべて)][A-001 配置図兼1階平面図]をアクティブにします。
[平面図][印刷用]の[1FL_印刷用]をドラッグしてシートに配置します。

STEP.10
[移動]コマンドで、「X4・Y1」の交点を基点として、現在レイアウトしている「X4・Y1」を目的点として、「仮想交点」を利用してレイアウトをします。

STEP.11

重なった[エリアプラン]のビューを削除します。
[プロジェクトブラウザ]の[配置図兼1階平面図]シートの「+」マークをクリックして、削除したいシートの上で右クリックして[シートから除去]をクリックしてレイアウトからシートを削除します。

 

STEP.12
[プロパティパレット]の[タイプセレクタ]から[ビューポート][AX ビュー名 囲みあり]を選択して、[シートのタイトル]に次のように入力します。

  • 1FL_印刷用:1階平面図      

STEP.13

不要な要素を削除します。

STEP.14

同様の手順で他の階の平面図もシートを差替えの作業をします。
1階以外のレイアウトは、[プロパティパレット]の[タイプセレクタ]から[ビューポート][AX ビュー名 囲みあり]を選択して、[シートのタイトル]に次のように入力します。

  • B1FL_印刷用:B1階       
  • 2FL_印刷用:2階
  • 3FL_印刷用:3階
  • 4FL_印刷用:4~8階
  • 9FL_印刷用:9階
  • 10FL_印刷用:10階
  • 11FL_印刷用:11階
  • 12FL_印刷用:12階 

   

STEP.15

断面図の図面番号の修正をします。
[プロジェクトブラウザ]の[シート(すべて)][A-004-断面図]を選択して、「」右クリックから、[名前を変更]をクリックします。
[シートのタイトル]ダイアログが表示されますので、次のように入力します。

  • 番号:「A-006」

STEP.16

立面図用のシートを作成します。
[AX_A3_図面枠]を選択し[OK]をクリックし同様の操作を繰り返して2枚のシートを作成します。

STEP.17

作成したシートをそれぞれ次のように名前を変更します。

  • A-004 立面図(1)
  • A-005 立面図(2)

STEP.18
[A-004 立面図(1)]のシートを開いて、[西_印刷用]と[南_印刷用]をドラックアンドドロップで配置します。

STEP.19

立面のスケールを1/300用のビューテンプレートを作成し、レイアウト尺度を変更します。
[プロジェクトブラウザ][立面図][南_印刷用]をクリック後、[プロパティパレット]の[ビューテンプレート][AX 立面図 印刷用_1/200]をクリックします。

STEP.20
[ビューテンプレートを割り当て]ダイアログが表示されますので、「AX 立面図 印刷用_1/200」のビューテンプレートを選択した状態で、[複製]ボタンをクリックします。
[新しいビューテンプレート]ダイアログが表示されますので、「AX 立面図 印刷用_1/300」と入力して[OK]をクリックして、1/300用の立面図ビューテンプレートを作成します。

STEP.21

作成した[ビューテンプレート][AX 立面図 印刷用_1/300]を編集します。編集は次の通り修正します。

   パラメータ    値

  • ビュースケール:カスタム
  • スケールの値:  300

修正が完了したら、[OK]をクリックします。

STEP.22
[印刷用]の立面図ビューすべてに、[ビューテンプレート][AX 立面図 印刷用_1/300]を割当てます。

STEP.23
[ビューポート]を選択して、[プロパティパレット]の[タイプセレクタ]から、[ビューポート][AX ビュー名 囲みあり]を選択します。変更後、タイトルを位置を移動させます。

STEP.24
[シートのタイトル]に次のように入力します。

  • 南_印刷用:南立面図
  • 西_印刷用:西立面図
  • 北_印刷用:北立面図
  • 東_印刷用:東立面図

END

サンプルデータ

 

※サンプルデータはRevit2020バージョンでの提供となります。ご了承ください。

コメントを残す