02.リンクの設定

※ガイドラインの操作手順をお試しいただく際には、最新のインストーラおよびサンプルデータ、ファミリライブラリをご準備ください。

意匠設計データのリンクと設定

意匠設計データのリンク

STEP.1

周辺敷地データに意匠設計データをリンクします。リボン[挿入]タブ[リンク]パネル[Revitリンク]を選択します。

STEP.2

ダイアログが表示されるので「AX HOTEL PROJECT_意匠.rvt」を選択し、[配置]は[自動-内部基準点合わせ]に設定します。

STEP.3
[開く]をクリックするとRVTリンクモデルが[内部基準点]に合わせて自動で配置されます。

STEP.4

読み込んだRVTリンクモデルを選択し、リボン[修正|RVTリンク]タブ[修正]パネルから[ピン]を選択し、RVTリンクモデルを固定します。

MEMO
[固定解除]は、固定解除を行いたい「要素」を選択し、ピンをクリックまたは、キーボードからの入力は【UP】と入力します。
 

END

座標の取得

STEP.1

意匠設計データから座標を取得します。
[ビューコントロールバー]の[表示要素の一時非表示]をクリックして[測量点]を一時的に表示させます。

STEP.2

周辺敷地データの[測量点]を選択し、クリップをはずした状態で、リボン[管理]タブ[プロジェクトの位置]パネル[座標取得]を選択します。

CAUTION

現在の内部基準点と同じ位置で[測量点位置]を設定するため、[クリップ]をクリックして[クリップ解除]を行います。

STEP.3

RVTリンクモデルを選択すると、意匠設計データから座標を取得することができます。

STEP.4
[ビューコントロールバー]の[非表示要素の一時表示を終了]をクリックします。

END

敷地境界線の修正

STEP.1

敷地境界線を修正します。周辺敷地データの敷地境界線を選択し、リボン[修正|敷地境界線]タブ[敷地境界線]パネル[スケッチを編集]を選択します。

STEP.2
[修正|配置>スケッチを編集]タブ[描画]パネル[選択]を選択し、CADデータの敷地ラインをクリックして敷地境界線を作成します。
作成が完了したら[修正|配置>スケッチを編集]タブ[モード]パネル[編集モードを終了]をクリックします。

STEP.3

敷地境界線の修正が完了です。

END

 

計画敷地内の地盤面の削除

計画敷地内の地盤面については意匠設計データで作成するので、周辺敷地のRVTデータからは除外しておきます。

STEP.1

地盤面を修正します。リボン[マス&外構]タブ[外構修正]パネル[地盤面を分割]を選択します。

STEP.2

地盤面を選択し、リボン[修正|地形分割]タブ[描画]パネル[選択]を選択し、敷地境界線をクリックしてモデル線分を作図します。
作図し終えたら[修正|地形分割]タブ[モード]パネル[編集モードを終了]をクリックします。

STEP.3

不要な計画地内の地盤面を削除したら、地盤面の修正が完了です。

END

CADデータの読み込み

CADデータの読み込み

敷地境界線などのCADデータが変更されない場合に使用します。

STEP.1

RevitデータにCADデータを読み込みます。リボン[挿入]タブ[読込]パネル[CAD読込]を選択します。

STEP.2
[読込]ダイアログが表示されます。色やレイヤ・単位などを設定して読み込みます。
枠範囲内を、次のように設定します。

・カラー                  白黒
・レイヤ/レベル              表示
・読み込み単位               ミリメートル
・わずかに軸を外れた線分を修正    チェックを外す
・配置                   手動-基準点
・現在のビューのみ          チェックを外す

MEMO
[現在のビューのみ]にチェックが入ると、現在アクティブになっているビューにのみCADデータが読み込まれます。

CAUTION
[わずかに軸を外れた線分を修正]にチェックが入っていると、わずかに斜めになっているCADデータを自動的に補正をかけてしまいますので、敷地を読み込む場合は、チェックが外れいていることを確認して読み込みます。

STEP.3
[開く]をクリックして配置します。

STEP.4
敷地ポイントと[内部基準点][測量点]を合わせます。
[ビューコントロールバー]の[表示要素の一時表示]を利用して[内部基準点][測量点]を一時的に表示させます。
 
TIPS
[プロジェクト基準点][測量点][内部基準点]の詳細は「Section06 プロジェクト基点の設定」を参照

STEP.5

CADデータを[内部基準点][測量点]に合わせて移動します。
今回は右上の敷地ポイントを[内部基準点][測量点]に合わせるように移動します。
CADデータを選択し、[移動]コマンドで敷地右上のポイントを基点、目的点を[内部基準点][測量点]としてCADデータを移動します。

 

STEP.6
[ビューコントロールバー]の[非表示要素の一時表示を終了]をクリックします。

STEP.7

読み込んだCADデータを選択し、リボン[修正]タブ[修正|敷地図.dwg]パネルから[ピン]を選択し、
CADデータを固定します。

MEMO
[固定解除]は、固定解除を行いたい「要素」を選択し、ピンをクリックまたは、キーボードからの入力は【UP】と入力します。
 
END

サンプルデータ

   

※サンプルデータはRevit2020バージョンでの提供となります。ご了承ください。

コメントを残す