05.階段の作成

※ガイドラインの操作手順をお試しいただく際には、最新のインストーラおよびサンプルデータ、ファミリライブラリをご準備ください。

階段の作成

STEP.1

階段を作成するための補助線を参照面で作図します。
[建築]タブ[作業面]パネル[参照面]をクリックします。

STEP.2
[修正|配置 参照面]タブ[描画]パネル[線]を選択し、[オフセット]に数値を入力して作図します。

STEP.3

作図した参照面を使って、基準階に階段を配置します。
[建築]タブ[階段]パネル[階段]をクリックします。

STEP.4

以下のように設定します。
・配置基準面     経路:左
・実際の経路幅    900
・ファミリタイプ   鉄骨階段 鉄鋼
・蹴上数       18

STEP.5
[参照面]を順番にクリックします。

STEP.6
[修正|作成 階段]タブ[コンポーネント]パネル[踊り場]を選択して[スケッチを作成]をクリックします。

STEP.7
[修正|階段を作成>踊り場をスケッチ]タブ[描画]パネル[境界]の[長方形]を選択し、2階の踊り場を作成します。
作図が完了したら[修正|階段を作成>踊り場をスケッチ]タブ[モード]パネル[編集モードを終了]をクリックします。

STEP.8

階段の踊り場を選択して経路幅の仮寸法に1200と入力します。

STEP.9
[修正|作成 階段]タブ[モード]パネル[編集モードを終了]をクリックします。

STEP.10

基準階で階段を作成したら、レベルを選択して他の階にも階段を配置します。
階段が表示される位置で断面ビューを作成し、4階に配置された階段を選択して[修正|階段]タブ[複数階の階段]パネル[レベルを選択]をクリックします。

STEP.11
[修正|複数階の階段]タブ[複数階の階段]パネル[レベルを接続]が選択されていることを確認して、1FLから12FLのレベル線を選択します。
選択が完了したら[修正|複数階の階段]タブ[モード]パネル[終了]をクリックします。

STEP.12

階高の異なる階の、階段の段数や踊り場の位置を調整します。
1FLの階段を選択して蹴上数を 24 に変更し、[修正|階段]タブ[編集]パネル[階段を編集]をクリックします。

STEP.13

2階の踊り場を選択し、[修正|作成 階段]タブ[ツール]パネル[スケッチを編集]をクリックします。

STEP.14

モデル線分を選択し踊り場の位置を調整します。
調整が完了したら[修正|階段を作成>踊り場をスケッチ]タブ[モード]パネル[編集モードを終了]をクリックします。

STEP.15

同様に2FLの階段も調整します。
蹴上数:24

STEP.16

同様に3FLの階段も調整します。
蹴上数:22

STEP.17

同様に11FLの階段も調整します。
蹴上数:24

STEP.18

同様に12FLの階段も調整します。
蹴上数:23

END

手摺の調整

STEP.1

階段作成時に作成された手摺を調整します。
1階の階段の手摺を選択して[修正|手摺]タブ[モード]パネル[パスを編集]をクリックします。

STEP.2

不要なパスを削除して内側の手摺のパスを調整します。
調整が完了したら[修正|手摺>パスをスケッチ]タブ[モード]パネル[編集モードを終了]をクリックします。

STEP.3

外側の手摺を作成します。
[建築]タブ[階段]パネル[手摺]のプルダウンから[階段/スロープ上に配置]をクリックします。

STEP.4
[修正|階段/スロープ上に手すりを配置]タブ[位置]パネル[踏み面]が選択されていることを確認して1階の階段を選択します。

STEP.5

作成された手摺のタイプを[タイププロパティ]から[1100mm]に変更して、[修正|手摺]タブ[モード]パネル[パスを編集をクリックします。

STEP.6

先ほどと同様に今度は外側の手摺を残して調整します。

STEP.7

その他の階についても手摺を調整して階段の完成です。

END

サンプルデータ

   

コメントを残す